【無料】待機中のパンチラ・マンチラ見放題で1時間つぶせるよ^^

芸能界での性接待の実態を再現した映画でミン・ジヒョンが無理矢理ハメられまくる

芸能界では仕事をもらうために偉い人とSEXする・・・

というような枕営業や性接待が行われているということは、

ネットや週刊誌などでよく耳にしていましたが

実際こんなふうに枕営業や性接待が行われているとは・・・

この韓国映画『おもちゃ』を見て驚きました!

おもちゃ ミン・ジヒョン 濡れ場

『おもちゃ~虐げられる女たち~』の濡れ場シーンを

美人女優の『ミン・ジヒョン』さんが演じました。

minjihyon

『おもちゃ』は実際に性接待を苦に自殺した

女優「チャン・ジャヨン」のことを描いた作品。

チャン・ジャヨンさんといえば、韓国版「花より男子」に

出演していたり、韓国では人気の女優さんでした。

そんな彼女の突然の自殺に当時日本でも話題になりました。

以前、当サイトでも「チャンジャヨン」さんについて

最後の濡れ場動画と共に自殺の経緯など記事にしているので

良かったらご覧下さいね。

【追悼】性接待が原因で2009年自殺した超美女「チャン・ジャヨン」

今回紹介する動画の濡れ場シーンは約1分と

少ない動画しかありませんでしたが、過激です。。

ミン・ジヒョンさんが手錠をかけられ、

正常位やバックでハメられているシーンです。

泣きながらもハメられまくり・・

「嫌でもカラダは感じてしまう。」

こんなことが芸能界で起きているという事実を

実際に映像で見ることによって衝撃が走りました。

『おもちゃ~虐げられる女たち~』はその内容から

いろいろな困難を乗り越え公開まで至ったそうです。

※以下映画ポスターから一部抜粋※

《性接待や間接殺人など、韓国芸能界の闇を暴露するという作品の内容から、製作は暗礁に乗り上げる。企業やマネージメント会社は出資を躊躇し、有名俳優は出演を固辞した。それでも、この実態を世間に公表すべき と考えた一部の俳優やスタッフらにより、クラウドファンドという形で資金を募り、3日間で製作費の10%を集め、ようやく制作に漕ぎつけたのだった。》

フル映画を見たい方はDMM.comなどで

安くレンタル・販売していましたので是非ご覧になって見てください!