ガチ挿入映画『ラスト、コーション』本当にSEXしていると話題の濡れ場

タマとかチン○普通に見えてる!・・ような^^

「えろ道」で一番リアルな濡れ場シーンかも・・

見なきゃ損だよ!まじでエロいから!!

2007年に公開されたR18指定の映画

『ラスト、コーション』原題(色・戒)で

香港出身の人気俳優のトニー・レオン(梁 朝偉)さんと

中国出身の美人女優・歌手のタン・ウェイ(湯唯)さんが

世界中で話題になるほど過激で生々しいSEX濡れ場を

演じていたので紹介します^^

※『ラスト、コーション』のあらすじ※
オスカーを受賞監督、台湾出身の世界的巨匠、アン・リー監督最新作!全世界を衝撃の渦に巻き込んだ禁断の愛の物語、1942年、日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵対する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)に近づき暗殺の機会をうかがっていた。やがてその魅力でイーを誘惑することに成功したワンは、彼と危険な逢瀬を重ねることに…。

ラスト、コーションに登場する女スパイは実際に実在した

女性であり日本人の母親、中国人の父親を持つ女スパイ

「鄭蘋茹(テン・ピンルー)」さんをモデルにしたそうです。

濡れ場動画を紹介するときには色々調べているんですが、

今回『ラスト、コーション』の口コミを見ていたら、

「ガチで挿入しているじゃないか!」

「タマが見えてるね」

「本当に入れてるね」

などなど・・本当にSEXしているんじゃないか?

という風に思っている方が大勢いました。

それほどリアルな濡れ場ということですね!

映画ではタン・ウェイさんとトニー・レオンさんの

濡れ場SEXシーンが3回程ありました!

女スパイのタン・ウェイさんが敵対するリーダーの

トニー・レオンさんを暗殺するためにSEXするという、

どエロい設定の絡み。

実際に管理人もフル動画、濡れ場シーンを見ましたが、

SEXシーンで映ってはいけないものが、

見えているような・・・気がする。

ガチだなと感じてしまうほどのリアリティでした^^

1回目の濡れ場は着衣SEXで

チャイナ服上げられバックで突かれるシーン。

そこまでエロくなかったので省略^^

2回目の濡れ場シーンはすごくエロエロ。

ビン立ち乳首を舐められまくったり・・

顔の血管浮き出すくらい激しく、

色々な体位でSEXしていたり・・

もうアダルトビデオとさほど変わらない。

正常位中に接合部分がほんのり見えるシーンがあるんですが

ピストン中、マン毛の間から勃起チンコ?っぽいものが

見え隠れしていたのを確認できました^^偽チンかもw

タン・ウェイさんも顔がほんのり赤く充血していたり

仕草や喘ぎ声がこれまたリアルすぎてホントにエロかった。

ガチSEXしている女性の顔でした^^

3回目の濡れ場シーンが個人的に一番エロいと感じた!

何がエロいって・・普通に騎乗位シーンで

女性の背面側から撮影しているシーンで

金玉っぽいものが見えちゃってるし^^偽玉かもw

タン・ウェイさんの腰の動きがいい意味で

ぎこちなくて・・これはガチ挿入を疑いますよ^^

めんどくさいんで割愛しますが、他にも

『ラスト、コーション』の濡れ場シーンでは

エロエロシーンががたくさんあります!

ご自身の目でお確かめください^^

ちなみにタン・ウェイさんは、当時の女性を

演じるためにわき毛は一切処理せず撮影に挑んだそうです。

濡れ場でワキ毛確認できます^^

美人さんのわき毛SEXは貴重ですw

当たり前ですが、無料動画では

あまり画質が良くありませんでした^^:

鮮明に見るならフル高画質動画をご覧ください^^

※レンタル版※

ラスト、コーションDVDはこちら

(Visited 3,166 times, 4 visits today)

↓ガチSEXしてる問題の濡れ場動画が大量です↓

愛のコリーダ 濡れ場

ここでしか見れない!オリジナル厳選動画^^

【無料】待機中のパンチラ・マンチラ見放題^^